DMM FX 審査

DMMのFX口座を開設するためにこれだけは押さえておきたい審査ポイント

 

 

 

DMMのFX口座開設の審査に通る為には、最低限知っておくべきポイントが3点あります。

 

1・安定した収入がある(勤務先がハッキリしている)
2・固定の住所がある
3・メールアドレスを持っている

 

この3カ条さえおさえておけば、DMMのFX口座を開設するためのスタートラインに立ったといえます。

 

 

>>すぐに申し込めそうな方はこちら<<

 

 

「えっ!?それだけ??」
と思った人も少なくないと思います。

 

たしかに、FXというと難しそうであったり、特定の限られた人しかできないイメージがありますが、それも昔話。今や、副業トレーダーが急増加傾向にあることからもわかるように、非常に参入するためのハードルが低くなってきているのも事実です。

 

以前、審査に落ちた知り合いの話を聞いたときには、「やっぱり、FXって難しいのかなあ」と感じましたが、あとで確認したところ、その知人は家族名義で申し込んでいたらしく、また固定の勤務先がなく当時の住所と身分証の住所が違っていたため、DMMのFX口座開設基準にはじかれてしまったのではないかと、今想定しています。

 

実際に管理人もつい先日DMMのFX口座を新規で開設しましたが、思いのほか時間もかからず、あっけなく開設完了の書類が届いたのには正直びっくりしました!

 

 

管理人の場合、投資経験も全くなく、余裕資金も100万円なかったのですが、運よく(?)口座開設の審査に通り、今よちよち歩きの初心者トレーダーとして日々トレードの研究に没頭するまでになりました。

 

今振り返ってみると、審査に通ったコツを強いてあげるとすれば、本人確認書類準備する際に手近にあった公共料金の領収書ではなく、指定されていた以下の書類できっちり提出したり

 

■各種健康保険証(コピー)
■運転免許証 (コピー)
■住民基本台帳カード(コピー)
■住民票の写し
■パスポート(コピー)
■印鑑登録証明書
■在留カード又は特別永住者証明書(コピー)
■その他
※官公庁から発行され、又は、発給された書類その他これに類するもの

 

はじめから欲張らずレバレッジの大きい法人口座ではなく(ここだけのはなし管理人は会社をひとつ経営したりしています)個人口座を希望したのが大きかったのかなと思います。

 

とにかく、実際に開設するまえは下調べばかりに時間を費やし、あれこれ悩んでいましたが、今思えば口座開設自体は無料でできますし、他業者との複数開設(同じ業者内で同一名義では不可)もできるので「案ずるより生むが易し」だったのだと、振り返っています。

 

 

>>5分でできるDMMのFX口座開設はこちら<<